ホーム > サービス紹介 > Wave Hunter

Wave Hunter(法人・大学・研究機関向けサービス)簡単で・安く・早く・正確な波浪予測システムと気象情報API

Wave Hunterの特徴

簡単で・安く・早く・精度の高い波浪予測を

独自の気象・波浪解析技術を、大学・企業・研究機関の研究にお役立ていただいております。特に、京都大学防災研究所と共同研究により実現して特許を取得した波浪の解析・予測技術は、波浪計の代替えとして好評をいただいております。(某建設会社の護岸・海岸設備の研究など)

また、これまで海難事故の検証には長い時間を要していたところを、波浪解析データを即座に提供することで、検証に要する時間を大幅に短縮することに貢献しています。

リアルタイム波浪予測

高解像度の気象・波浪予測をピンポイントに提供することで、海上での企業活動・漁業などの産業や、ヨットレースをはじめとした海上レジャーに、1ランク上の気象情報サービスを提供しています。

当社独自の技術により推算した、理想的で実用的なリアルタイム波浪情報を提供致します。波浪計による観測データの代替えとしてご利用いただくこともできます。

天気予報・気象情報APIサービス

従来は、高解像度の気象・海象の解析・予測データは、非常に高価で敷居の高いものでした。しかし当社では、中小企業様でもお使いいただきやすいように、安価かつ簡単に利用できる気象・海象情報APIサービスを行っております。

APIとは

Application Programming Interfaceの略。ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様またはインターフェースの総称です。ゼロからプログラミングする必要がなくなり、ソフトウェアの開発を省力化できます。WEBサイト、メルマガへの掲載、各種ウィジェット、アプリ向けコンテンツなどに、簡単に、直ぐにご導入いただけます。

各種気象データ提供

気象業務支援センターが提供する各種気象データのRAWデータ、および弊社で計算している独自の波浪解析、波浪予測、風予測などのRAWデータをそのまま提供させていただくサービスです。
また、目的に合わせ、過去の波浪などの解析データを分析・集計したものを、CSVやXLS形式などで提供させていただくこともできます。

RAWデータとは

編集や集計などがされる前の、何も手の加えられていないデータ。

弊社独自のデータは「GRIB2」形式、気象業務支援センターが提供するデータは「XML」または「GRIB2」形式です。「GRIB2」とはWMO(国際気象機関)が定める世界共通のフォーマットで、バイナリ(2進法)形式となっています。

調査、研究、開発の支援

実況解析データのアーカイブ提供や、アセスメント・調査、追算シミュレーション、危機管理システムの構築支援なども行っています。貴社の研究開発にお役立てください。

実績紹介

海快晴マリーナマスター

導入実績

事業者の危機管理をサポートする「海快晴・マリーナマスター」を、アジア最大規模の マリーナ「横浜ベイサイドマリーナ」、「広島観音マリーナ」、マリーナを全国展開する「ユニマットプレシャスマリン事業部」、中部地区最大のマリーナ「マリーナりんくう」など、全国各地のマリーナでご利用いただいています。
マリーナマスターは、一般的な気象情報だけでなく、当社独自のノウハウで解析する風と波の高精細な予報を事業所ごとにカスタマイズして提供する法人向けサービスです。同サービスをご利用いただくことで、事業管理者は迫りくる気象の脅威をいち早く認識し、素早く適切な対応策を講じることが容易になります。

天気予報・気象情報APIサービス

導入実績
釣り具メーカーの株式会社ヤマリアが運営する「今どこでどんなイカが釣れているかが一目でわかるエギング専門SNS」に気象情報を提供しています。

気象データ提供、調査・研究・開発の支援

導入実績
大学
官公庁
民間企業